KOCHAB

ヘッダーロゴ ヘッダーキャプション

コカブのパーマ

<##>

「パーマへの期待感と不安感」

多くの美容の技術の中でもパーマスタイルはとても難易度が高く、髪のダメージを理解する力や薬の知識などはもちろんのこと、基礎となるカットとのバランスも重要です。パーマに求められるスタイルや質感も時代とともに変化し続けています。今回、今もっとも髪に優しく、持続性の高い『クリープパーマ』の施術の流れを一例として、『パーマの持ちのヒミツ』やヘアケアを加えながらの『艶やかなカール感』をつくるための私達の考え方をご紹介していきます。

パーマ施術の工程

<##>
  • 1. ※高濃度の炭酸泉で酸化物(シリコンなど)をとりのぞき、薬やトリートメントの入りを良くします。
  • 2. 根元から毛先までの髪の状態を見て、事前に前トリートメントをいたします。(※nanoスチームを使用)
  • 3. 大小のパーマロッドでデザインしていきます。
<##>
  • 4. パーマがかかったら、余分な薬を洗い流し、さらにトリートメントを補います。
  • 5. ※クリープパーマの機械に入り、潤いを与えながら持続性の高い状態にしていきます。
  • 6. 髪のダメージを一番に考え、数種類からなるトリートメントを使い分けています。ぜひ、ご安心してご相談ください。

※高濃度炭酸泉

ヨーロッパでは古くから入浴療法として親しまれている炭酸泉です。
血行促進や新陳代謝を高める作用があり、細胞が活性化されることで(育毛サポート)健康な頭皮をつくることを助けます。クレンジングの作用で、髪と頭皮に付着した酸化物(シリコンなど)や活性酸素を除去し、髪を素髪の状態(べたつきのない、ふんわりとした髪)に戻してくれます。パーマのアルカリ残留、過酸化水素を軽減し、パーマのだれを押さえることができます。
詳しくはこちら:コカブのメディケア高濃度炭酸泉

※nanoスチーム

ナノ化されたスチームが髪の内部に入り込み、水膨潤するためキューティクルが開き、薬剤の浸透をサポートしてくれます。また、髪のすみずみまでスチームが行きわたり、傷んでる部分が守られ、傷んでない部分は余分なダメージを与える事なく施術できます。
詳しくはこちら:コカブのnanoスチーム

※クリープパーマ

髪のタンパク質をカール形に移動させ、リッジのきいた弾力のあるウェーブやカールを形成します。クリープをすることで通常のパーマより、1.5~2倍ほど長持ちします。

>パーマメニューはこちら